2009年11月07日

「栄光のポンコツ車」はギャングセブンじゃないぜ!!

先週末は第20回クラウンピクニックが無事開催されました。
Bentley-001.jpgBentley-002.jpgBentley-003.jpgBentley-004.jpg

90台を超えるオールドクラウンが集まり、それはまさに「変態のつどい」じゃなくって「クラウンマニアのマニアによるマニアの為のつどい」となりました。

ついこの前の1990年11月18日に保土ヶ谷の山のてっぺんで行われたささやかなイベントが20回も続くとは、その場にいた私も感無量であります。

そしてMoon Illustrated vol.4が発売となりました。
mim4-h1.jpg

表紙はばっちりポーズが決まったZZ TOPのビリー・ギボンズで中身はばっちりミニカーで決めたWildmanページがありますので早いとこ本屋さんにGo!!なのであります。やっぱり全巻揃えないとね!!

そして風立ちぬ今は秋「読書の秋」なのです、やっぱり活字は素晴らしい!!

とっても狭い(なぜか自然と狭くなった)部屋の本棚から久々に一冊の小説を取り出してみました。こうなると半日で一気に読んでしまいます・・・ハードカバーのその本は全くついこの前である1975年に小学5年生のWildmanが親に買ってもらった物なのですが、岩崎書店のジュニアベストノベルズ「栄光のポンコツ車」という本なのです。
wildman1107-2.jpg

「ブルース・カーター作」原書名は”SPEED SIX”となっていて外人さんが書いた本というのは理解出来ました。

そんなことよりも表紙に描かれた躍動感あふれるクラシックカーのイラストに惚れて買ってもらったことを覚えております。中身はというとまず翻訳者さんの前書きで「双葉山と北の湖とはどちらが強いかな」という切り口に時代が感じられます。

まあ、戦前の大横綱双葉山と、現役の北の湖なんてついこの前の話ですが・・・つまりですね大昔活躍したレーシングカーが現代のレースに出て最新の車とル・マン24時間レースで戦ったらどうなるのかというお話なのです。

主役となる大昔のクルマはイギリスの「ベントレー スピード・シックス」で1930年前後にル・マンで5回も優勝している横綱車輛で、あまりの大きさとパワーで当時は「世界一速いトラック」などと呼ばれておりました。

そして相手となるのはこのお話の舞台が1950年代なので、当時の最新レースカーであるメルセデスやジャガーがモデルになっているのですが名前は変えられていて架空のクルマになっております。

戦前のベントレーはのちにロールス・ロイスに吸収されてしまい、バッヂだけ変えられてオーナー・ドライバーズカーになり下がってしまったベントレーとはわけが違い、大排気量エンジンを持ち、さらにスーパーチャージャーで武装した物もあった超ハイパフォーマンスカーだったのです。

元巨人軍のMが先輩に感化されて勘違いで買ってしまったベントレーなんかとはわけが違うのです。どうでもいいことですけど・・・・

本の内容は「年寄りの冷や水」的な展開なのですが、ル・マンのレース描写が物凄くて、とてもジュニアベストノベルズという子供相手の本とは到底思えないような迫力なのであります。クルマ好きにはたまりません。単細胞な私はすぐにこの本に感化されてしまい、小学生のくせに「1930年代のベントレー最高!!スピード・シックス万歳!!!」となってしまいました。

スーパーカーブーム以前にビンテージ・ベントレーに陶酔する変態小学生が出来上がってしまったのです・・・・

そして元巨人のMのようにベントレーを手元に置いたのです、ミニカーですけれども・・・・・

「ウヒヒ、カッコいいなベントレー、このでっかいグリルがたまらんぞ、ミウラよりも20倍くらい美しい」と小学生の変質者は満足していました。

このマッチボックスのベントレーは1976年のお年玉を駆使し、元町の千代田ママストアで入手以来ずっと変態と一緒なのです。
Bentley-005.jpg

あとのヤツは大人になってからの入手ですが、どれも1960年代に作られたミニカーでビンテージ・ベントレーの迫力満載であります!!
Bentley-007.jpg

そして小学5年生の変態は図画工作の時間に思い余って1929年式ベントレーを描いて堂々と先生に提出してしまいました。これはまさに「栄光のポンコツ車」リスペクト作品であります。先生もこの迫力におびえたのか”A”という評価をいただきました!!!
wildman1107-1.jpg

ありがとう伊丹先生・・・・

これが手元に残っている書道以外のWildman最古の作品なのであります。どーだ参ったか、栄光のポンコツ車、ベントレー最高であります!!!
posted by ワイルドマン at 08:25 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
小学生時代の絵ですが主役以外もすごいですね。
積載車にミニトラック、看板に観衆と細かい!!です。
Posted by dg at 2009年11月07日 11:15
スピード感、奥行き感、そして、もしもこの絵のストーリーを語るならフィニッシュする2台!競り合いの末、ベントレーが優勝!なんて妄想を誘う出来栄えですね〜
Posted by せきはら【12/6ハヨコハマヘ】 at 2009年11月07日 14:31
『栄光のポンコツ車』読んでみたいです。私の場合は、偕成社の『スピードへの挑戦』
が思い出の一冊です。ホンダのF-1挑戦や、ポルシェ博士の話など、シビアな現実も
描かれてはいますが、夢をかきたてられました。
Posted by ヨウ at 2009年11月07日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。